保険のビュッフェに行く前に注意!古い保険の予定利率について

乗り換えが有利になるとは限らない

保険のビュッフェに行く方は、現在の保険に不安や不満を持っている方が多いでしょう。たしかに昔契約した保険は保険料が高かったり、万が一の際に十分な保障ができなかったりする恐れがあります。また医学の進歩に伴って、がんや特定疾病を手厚く保障する新商品も次々に発売されています。

しかしどんな保険でも乗り換えれば有利になるとは限らないので注意が必要です。特に気をつけたいのは、終身型の医療保険や養老保険、年金保険などです。これらは乗り換えないほうが、むしろお得になる可能性が高い保険と言えます。

 

高利回りで運用できる

終身型の保険は保険料が一生変わらないので、若い頃に契約していれば、満期まで待ったほうが出費を減らせます。さらに注目したいのが古い保険の予定利率です。マイナス金利時代の現在と違って、昔の保険は数%もの予定利率が付いている商品もあります。

予定利率は満期まで継続しますから、そのまま運用したほうが返戻金は圧倒的に多くなります。もし保障内容が不十分なら、定期保険でカバーするという方法もあります。保険のビュッフェで専門家に相談し、有利な保険を解約せずに保障を充実させることを考えてください。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です